「4分間のマリーゴールド」ロケ地はどこ?福士蒼汰や横浜流星の目撃情報は?

福士蒼汰さん、菜々緒さんをはじめ、「あなたの番です」での演技も記憶に新しい

 

横浜流星さん、浦島太郎こと桐谷健太さんなど今をときめく旬のキャスト陣が

 

話題のTBS金曜22時ドラマ「4分間のマリーゴールド」。

 

福士さん演じる花巻みことは、救命救急士として働いており、手を合わせた人の

 

「死の運命」が視えてしまう特殊な能力を持ち合わせているため、

 

人より死に向き合い生きています。

 

そんな花巻の義姉である菜々緒さん演じる沙羅との禁断の姉弟ラブストーリー

 

となっています。

 

タイトルにもある「マリーゴールド」は、あいみょんさんの歌の歌詞で

 

お馴染みになりましたが、キク科で、和名を千寿菊(センジュギク)、

 

万寿菊(マンジュギク)ともいう、黄色やオレンジの可憐な花を咲かせる

 

花となっています。

 

このマリーゴールドの花言葉

 

・「嫉妬」
・「絶望」
・「悲観」

 

またマリーゴールドの名前の由来は、マリア様の黄金の花=マリーゴールド

 

となっており、マリーゴールドがタイトルに入るくらいですから

 

ドラマの展開に影響がありそうですよね。

 

今回はドラマ「4分間のマリーゴールド」のロケ地情報を調査していきたいと思います。

 

やはりメインとなるのは病院?

 

主人公の花巻みことは救命救急士で、手を合わせた人の「死の運命」が

 

視えてしまう特殊な能力を持ち合わせているため、

 

やはりメインとなる舞台は病院になりそうです。

 

この病院のロケ地が気になるところです。

 

病院って当然、患者さんもいるわけですから、いつでもどこでも撮影が

 

できるわけではないので、どうしても限られてしまいます。

 

前クールで放送した「偽装結婚」で登場した病院が、「ラジエーションハウス」と

 

同じのさいたま市にある指扇病院であることがドラマ好きの中で話題になり、

 

「4分間のマリーゴールド」もそこではないかと?噂されましたが、

 

どうやら違うようです。

 

「4分間のマリーゴールド」の病院ロケ地になっているのは

 

横浜市にある横浜市立大学付属市民総合医療センター

 

「4分間のマリーゴールド」の公式Twitterに、福士蒼汰さんのバックに横浜市と

 

書かれている救急車が映っており、この場所が判明しました

 

この「横浜市立大学付属総合医療センター」は、

 

以前「救命救急24時第5シリーズ」にて、「湊大付属病院」になったところ。

 

ドラマのロケに協力的な病院なのでしょうね。

 

秘密基地の灯台はどこ?

 

ドラマのタイトルバックにも映っている灯台。

 

みことと沙羅の二人が小さなころ、秘密基地にしていた灯台で、

 

ドラマでも重要なスポットになるところです。

 

この灯台は、千葉県の富津港防波堤灯台です。

 

現在、富津は台風の影響で被災されていますが、

 

復興されてきたらロケ地巡りとして行ってみたい場所ですよね。

 

 

 

まとめ

今回は『「4分間のマリーゴールド」ロケ地はどこ?福士蒼汰や横浜流星の目撃情報は?』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■やはりメインとなるのは病院?

⇒病院のロケ地は横浜市にある横浜市立大学付属市民総合医療センター

 

■秘密基地の灯台はどこ?

⇒千葉県の富津港防波堤灯台

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です