「ノーサイド・ゲーム」ロケ地はどこ?や大泉洋や松たか子の目撃情報は?

 

あまりドラマを観ない層と言われる大人の男性も多く観ている傾向がある

 

TBS「日曜劇場」

 

過去には、「半沢直樹」や「JIN」など数々の名作を生みだしている同枠で、

 

2019年7月から始まるのが、大泉洋さん主演の「ノーサイド・ゲーム」です。

 

タイトルからも分かる通り、「ノーサイド・ゲーム」は社会人ラグビーの話。

 

近々、日本でラグビーワールドカップが開催され、ラグビー熱も上がっているので

 

抜群のタイミングですよね。

 

果たして、「ノーサイド・ゲーム」のロケ地はどこで行われているのでしょうか?

 

大泉洋さん松たか子さんをはじめ、上川隆也さん大谷亮平さんをはじめ、

 

ラグビー部員で有能若手株も多数出演することでも話題ですが、

 

目撃情報などを探ってみましょう。

 

メインの舞台は熊谷!

 

この投稿をInstagramで見る

 

県営熊谷ラグビー場でのTBSテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」の撮影が無事に終了しました! まさに丸一日かけての撮影となりましたが、多くのエキストラのご参加を頂きました! あらためてご協力に感謝申し上げます! 私も午後の撮影に参加し、最後のエキストラ皆様の記念集合写真にもご一緒させて頂きました! 来月も撮影がありますので、引き続き皆様のご協力をお願いいたします!! #テレビドラマ #ノーサイド・ゲーム  #熊谷ラグビー場 #エキストラ #熊谷市  #埼玉県

大嶋 かずひろさん(@saitamaoshima)がシェアした投稿 –

 

冒頭でも書いたように「ノーサイド・ゲーム」は社会人ラグビーの話

 

となると、もちろんメインでの舞台はラグビー場ということになります。

 

なんでも本拠地としてロケ地で使われれているロケ地は、

 

埼玉県熊谷市にある「熊谷ラグビー場」

 

熊谷は昔からラグビーの聖地として知られている場所で、

 

2019ラグビーワールドカップでも熊谷ラグビー場は

 

開催地のひとつとなっています。

 

やはり、ロケ地選定にあたり、重要なのはそこの自治体との関係性。

 

よくバラエティでは熱海市がロケ地で使われているように、

 

そこの自治体と関係性を築いておけば、多少、無理な撮影も許可が下りやすく

 

スムーズに撮影できますからね。

 

TBS日曜劇場では、「陸王」では埼玉県深谷市や鴻巣市が舞台になるなど、

 

埼玉県と日曜劇場(TBS)は良好な関係を構築しており、

 

今回の舞台になったようです。

 

ラグビーワールドカップもありますし、熊谷では大々的なプロモーションが

 

行われそうですね。

 

陸王では、埼玉銘菓の「十万石まんじゅう」の陸王刻印バージョンが売られるなど

 

コラボ商品が出ましたが、「ノーサイド・ゲーム」でも熊谷とのコラボが

 

楽しみですね。

 

他のラグビー場も要チェック

 

メインでのラグビー場は前述どおり熊谷ラグビー場であっても、

 

やはりライバルチームなどの本拠地など他のラグビー場も必要なはず。

 

なんでも、東京都府中市にある「東芝ラグビー場」

 

ロケで使われているようです。

 

東芝は昔から日曜劇場のスポンサーですから、ここがメインになるのかな

 

と思っていたのですが、撮影での立地の問題でしょうか。

 

他にも、丸の内の仲通りなんていう都会のど真ん中でも大泉洋さんも目撃情報が。

 

ラグビー一色のドラマではないかもしれませんね。楽しみです。

 

 

 

まとめ

今回は『「ノーサイド・ゲーム」ロケ地はどこ?や大泉洋や松たか子の目撃情報は?』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■メインの舞台は熊谷!

⇒埼玉県と日曜劇場(TBS)は良好な関係で今回の舞台になったよう。

 

■他のラグビー場も要チェック

⇒丸の内の仲通りという都会のど真ん中でも大泉洋さんも目撃情報が!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です