サイン☆ドラマのロケ地はどこ?や大森南朋や飯豊まりえの目撃情報は?

まだ始まったばかりなので最終的な結果はまだまだ分かりませんが、

 

2019夏ドラマ、大泉洋さん主演の「ノーサイドゲーム」や

 

杏さん主演の「偽装不倫」など話題作が並ぶなか、

 

一番のスタートダッシュを切ったのは大森南朋さんが解剖医を演じる

 

「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」。

 

一見他のドラマに比べれば地味な印象がありますが、

 

相変わらずテレ朝の医学モノや刑事モノは堅実に強いですよね。

 

果たして「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」の相棒や

 

ドクターXのようにシリーズものとなるでしょうか。

 

今回は、「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」のロケ地情報を探ってみました。

埼玉をディスりまくり?埼玉周王医科大学のロケ地は?

 

映画「跳んで埼玉」以降、

 

埼玉をディスるのはちょっとしたブームなのでしょうか?

 

「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」でも、埼玉ディスりまくりですよね。

 

主人公である柚木貴志(大森南朋)が埼玉中央医科大学に飛ばされるわけですが、

 

埼玉中央医科大学には、紫外線ライトがなかったり、パートの解剖医助手が

 

「ここはお金がなくてね、昔は柳葉包丁で解剖していると言ったり、

 

そろそろ埼玉県民が爆発しないか心配なくらい。

 

この柚木が働いているさいたま中央医科大学 奥玉分室群馬県桐生市にある

 

「聖フランシスコ修道院」です。

 

なんでも「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」の撮影協力に、

 

高崎フィルムコミッションや桐生市が入っており、

 

主なロケ地は高崎市や桐生市など群馬県内で行われているようです。

 

高崎市内各地がロケ地に

 

伊達明義(仲村トオル)が院長を務めることになった日本法医学研究院。

 

このロケ地は、「高崎市総合保健センター」「高崎市立中央図書館」です。

 

今後の展開で、柚木の邪魔(ラスボス?)的な存在になりそうな伊達。

 

それだけに今後より登場してくるのではないでしょうか。

 

他にも、まだ謎の女となっている森川葵さん演じる島崎楓の目撃情報が

 

結構出ているのです。

 

他のキャストとは別行動でしょうからロケ地も単独なのでしょう。

 

Twitter情報によると、川崎の溝の口駅前でロケがあったようで

 

場所が場所なだけにかなり目撃されたみたいですね。

 

 

 

他にも柚木がひとり焼肉を楽しんでいたところに

 

飯豊まりえさん演じる中園がやってきた焼き肉屋さんが「いくどん赤羽店」

 

今後も絶対に出そうなので、目撃したい人は要チェックかもしれません。

 

 

まとめ

今回は『サイン☆ドラマのロケ地はどこ?や大森南朋や飯豊まりえの目撃情報は?』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■埼玉をディスりまくり?埼玉周王医科大学のロケ地は?

⇒中央医科大学 奥玉分室は「聖フランシスコ修道院」

 

■高崎市内各地がロケ地に

⇒日本法医学研究院は「高崎市総合保健センター」と「高崎市立中央図書館」

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です